イメトレし高いモチベ&意識で反復練習!徹底的に下半身強化

日常のトラブル

これまで、

  • イメージトレーニング
  • 確認しながら練習
  • 高いモチベーションで反復練習
  • 徹底的下半身強化
  • 高い意識

と便宜上、別々に記載してきましたが、

すべてつながっていることです。

ここでは自分に落とし込むために、もう少し深堀りしようと思います。

イメトレし高いモチベ&意識で反復練習!徹底的に下半身強化

1.イメージトレーニング
2.確認練習
3.高いモチベーションで反復練習
4.徹底的下半身強化
5.高い意識

今までのまとめになります。

この順番で繰り返す。

とにかく繰り返すことです。

そして、それを元に、振り返り改善して、再度計画を練り直す・・・・

「繰り返す」し「記述して振り返る」と言うことです。

書いたことを何度も見直す

→「見直す」ことは、新たな発見や

「そういえば!!」ってことが新たなことを発見できます。

せっかく書いたノートをもっと活用しなければ書く意味が半減します。

やはり、各ツールは「ノート」が良いかと思っております。

成功ししたいなら believe yourself

believe yourself

つまり、

「自分を信じること」 

焦っても落ち込んでも何も変わらない。

リラックスしてポジティブにとにかく自分を信じて練習する。

余計な力が入る。できないので余計力が入る。

→よく「力を抜いて」ってアドバイスする人がいます。そういう人は、自分ができているので、「できていない人のこと」をなかなか理解することはできないと思います。

できる人は、そのできる様になる過程で、かなり鍛えて「動き」や「筋肉」がついています。だから、「力を抜く」ことでパフォーマンスがアップすることが自分の中でわかるのです。

私は逆でまだまだ、やりたいことが思うようにできないときは

「力が入ってもいい」

と思っています。力が入りながらも「体得したい動き」をイメージに従い行い、家に帰り反省し、それを繰り返すことで、必要な筋肉はついてきます。

それを繰り返して、

「動き」

「筋肉」

がついてくることで、「力を抜く感覚」

がわかってきます。

このように、やることをやっていれば力が入っているということは

だんだん無くなってくるはずです。

自分の確りした意見・アイデアを持つ

→「自分の意見を持つ」これは重要な要素ですが、

「独りよがりになったり、人の意見耳を傾けない」

状況になると、伸びが止まります。

「しっかりやることをやり、きちんと勉強したりしたうえで」

「自分の意見を持つ」

このことが重要だと思います。

また、余談ですが

「意見を言ってくれた人の見極め」も重要です。

人は他人に対して「意見を言いたい」ものです。

しかし、オーソリティでない人の意見は

足枷になったり、全く違う方向に進むこともあります。

やはり、「プロ」と呼べる信頼する人の意見を見極める力も必要になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました